治験のバイト代はいくら?

治験のアルバイトは時給換算だと800円ほどX24時間=日給約2万円といった計算です。

出来るだけ楽してお金を稼ぎたい。そう思うのは誰もが同じですよね。ですが、それほどおいしい話というものはそうそう転がっているものではありません。高所や危険な場所での作業だったり、汚く誰もが嫌がる仕事だったり、そういった「何か」があるバイトというのは報酬も高くなるものです。
 
ですが、ほとんどリスクを負う事無くお金を稼ぐ方法があります。それもなんと税金がかからない!それは、治験です。
 
治験をご存じない方に説明すると、治験とは現在開発中(正確には開発はすんで、動物実験も終わり、あとは人体への安全性を確立するだけ)の新薬にたいしての安全性を確かめるための実験ボランティアです。この「ボランティア」というのがみそになります。あとでせつめいするので覚えておいてください。さて、治験の内容は数多くあり、報酬も期間も全くことなります。飲み薬を飲む試験、ぬり薬をぬる試験、高血圧や糖尿病に健康食品を食べ続けるだけの治験もあります。
 
そこで何よりもまず気になるのが報酬ですよね。いったい治験っていくらもらえるのでしょうか。
 
先ほども書いたように治験のジャンルは様々ですし、数日で終わるものから数ヶ月かかるものもありますので一概にはいえません。それでも大まかに言うならば、一度の参加で数万~数十万。日給換算にすると1~3万くらいもらえます。中には入院しないといけない治験もありますが、検査以外の残りの時間は漫画を読んでいようが、ゲームをしていようが、パソコンを使っていようが自由なのです。これ以上割のいいバイトなんてあるのでしょうか。寝ている間もお金が支給されますし、前泊でホテルを用意してくれる場合もありますが、ホテル滞在中もバイト代が発生しているのです!
 
そして次にお得なのが、この治験は「ボランティア」扱いということです。ボランティアという位置づけのため、もらえる報酬は「給料」と呼べるものではなくなります。こういう場合「謝礼金」とよばれるんですね。そしてこの謝礼金、税金が一切かかりません。つまり会社勤めをしているけど副業禁止だから・・・なんて思っている方でも安心して参加できます。中には入院する必要はなく、2~3日で終わるものもあるので、働いている方でも参加できる治験もありますしね。色々調べてみてください。
 
あ、もうひとつありました。この治験、一応最初に適応検査のような健康診断や説明会があります。さすがに誰でも彼でも参加できるわけではありません。その治験毎で血液検査等が必要な場合があります。拘束時間はだいたい1~3時間くらいだと思いますが、なんと!謝礼金こそ貰えませんが、交通費を支給してもらえます。それもけっこう多めに。
 
この交通費だけでもけっこういい報酬ですよね。さらには知人を一人紹介する度に紹介料などもらえる機関もありますので、これ以上楽に稼げるバイトはないとおもいますよ。
Copyright(c) 2012 治験アルバイト体験記 All Rights Reserved.