治験アルバイトとは?

 

治験アルバイトとは
投薬データ目的の健康な方への治験が一番投与量も少なく、安全です。

 
治験アルバイトというものをご存知ですか?
新薬モニターとも呼ばれたりするのですが、こちらのほうが言葉からの連想はしやすいかもしれませんね。このアルバイトはまだ世には出ていない、いわゆる未発表・未発売の新薬を実際にみなさんが摂取して、その結果どうなるのかというデータを提供するというアルバイトです。
 
新薬、と書きましたが、全てが全て薬というわけではありません。医薬品はもとより、健康食品や化粧品もこの中に含まれます。これらの新薬を摂取したのち、血液や体温、献血採尿などさまざまなデータを製薬会社が集めまる。製薬会社これらの情報をもとに安全性を完璧にして、その後やっと国から発売の許可が得られるのです。
 
この試験はかなり厳しいものらしく、膨大な量のデータが必要だったりし、時間的にもかなりかかるそうです。今みなさんが普通に飲んでる薬や使っている化粧品も全てこういった過程を得て世に出ているのです。
 
さて、この新しい薬や化粧品のために製薬会社は人材を募集します。それが治験アルバイトだったり新薬モニターと呼ばれているものになります。アルバイトなのでお金ももちろん貰えますが、何よりみなさんのこのアルバイトのおかげで新しくより性能のいい薬等が世の中に出てくるのです。
 
ということはアルバイトで使われる薬は安全性のないものなんでしょ?そんな危険なアルバイトやってられない・・・そう思う方もいらっしゃるでしょうが、そんなことはありません。もちろん薬なので100%ではないですが、治験の時点でかなりの安全性が確保されています。たとえばステップとしては下のようになります。研究所等で新しく有効性のある物質の発見→ネズミなどの小さな動物での実験。この時点で数年単位の年月を要します。→そのなかで有効性や安全性が確認されたものが候補になり3段階もの検査をおこなる。→ここからがみなさんの治験です。
 
治験にいたるまで数年もの時を費やし、研究や実験を重ねに重ねて安全性を確認したうえで人体テストが行われるのです。どうでしょうか。研究機関も国も、やはり人体に投与するものなどは慎重に行っているのですね。
 
さて、この治験アルバイトですがかなりの高額報酬がもらえます。拘束時間や条件によって大きく幅がありますが、1日1万~数万もらえるものも少なく有りません。長期のものは働いている方は難しいかもしれませんが、学生やフリーターの方などにはうってつけですね。
 
ただし、これをメインで稼ごうとしないでください。1回治験をうけたら数ヶ月は次のを受けることが出来ない、という厳しいルールがあります。それでも1年で20~50万円の謝礼費用は大きいですよね。あなたにぴったりの治験がみつかるといいですね。
Copyright(c) 2012 治験アルバイト体験記 All Rights Reserved.