臨床試験とは?


臨床試験とは?
お薬は長い研究期間と臨床試験(治験)を経て、厚生省に認可されます。
 
臨床試験とはなにかご存知ですか?
 
ちょっと難しい言葉ですよね。私なんて最初みたときは読み方もわかりませんでした。いちおう書いておくと「りんしょう」試験です。……えぇ、臨床という言葉を知ってはいても意味は分からないという方も多いのではないでしょうか。
 
臨床試験とは国、もっというと厚生労働省が「この薬は安全なので販売してもいいですよ」という許可を受ける前の薬や健康食品などを実際に人間、つまりわたしたちに投与して結果やデータを収集するという試験になります。1つの薬を作るのに数年という時間がかかり、そのほぼ最終段階として人間での安全性確認をするというものです。
 
ここで国がこの新薬は有効性もあるし安全性も問題ないな、よし、販売を許可しよう!となって初めてみなさんが病院やドラッグストアで買うことが出来るようになるわけです。つまり、とてもとても大事な試験なんですね。と、ちょっと堅苦しく説明しましたが、ピンときましたでしょうか?この臨床試験ですが、別名「治験」や「新薬モニター」などと呼ばれる事があります。というか専門家でない限り一般の方は治験と呼ぶのが多いかもしれませんね。
 
 
さて、この臨床試験、いわゆる治験ですが、実は誰でも簡単に参加できるということはご存知でしたか?簡単な条件さえ満たせば誰でも参加できるアルバイトのようなものです。治験で検索すれば山ほど出てくるでしょう。治験 登録で検索すれば登録できるところが出てくるはずです。
 
そこで登録をしたあと簡単な健康診断を指定の病院で受けることになります。その後問題がなければ、あるいは問題があった場合でもその問題にあった治験依頼が届くようになります。
 
この治験ですが、拘束時間に比べると報酬がかなり割高なのでおすすめとなっています。2,3日ですむのもあれば入院と通院を含めて数ヶ月かかる、といったようなものまであり様々ですが、大体1日の報酬でいうと1万から3万ほどはもらえる計算になるのではないでしょうか。
 
とはいっても1日ずっと何かしていないといけないわけではないです。たとえば投薬のアルバイトなら薬を定期的に飲んで、血液検査や血圧などの検査を1日数回行う。そのほかの時間は病院内にさえいれば何をしていても基本自由です。漫画やゲームなどを完備してくれている場所もありますし、パソコンを持っていってパソコンを使うこともできます。大学生の方なんかは勉強やレポートを書いていても全く問題ありません。
 
正直お金を楽に稼げるアルバイトは何か、といわれたら治験!と即答してしまいそうになるほどいいアルバイトですよ。
Copyright(c) 2012 治験アルバイト体験記 All Rights Reserved.