海外治験情報!イギリスにおける治験の募集

2015-01-05

海外の日本人向けの治験情報です!

日本において、薬の治験バイト・ボランティアが募集されていることが多いですが、イギリスにおいても同様の募集が行われています。日本人であっても、ヨーロッパ在住の人や、旅行やバックパッカーでヨーロッパを訪れている人は、イギリスでの治験募集に応募することが可能です。ただし、ヨーロッパの中でも、治験が行われているのはイギリス国内に限られているため、イギリス国外に住んでいる方は旅行がてらの参加が可能です。

01_on

・イギリス治験センターの詳細はこちら
http://british.tiken-center.com/

<イギリス治験の内容まとめ>
1、治験の参加者には謝礼金や特典があります。

治験に参加した場合は、謝礼金が支払われるというメリットがあります。海外の治験に参加すると、さまざまな部分で制約を受けることになるため、謝礼金というのは、それに対する補償の意味合いを持っています。治験参加者は、日常生活で食事に関する制限があったり、飲酒をすることが禁止されたりするのが一般的です。

気をつけなければならないのは、治験に参加したことで受け取る謝礼金は、治験のために要する時間に対して支払われるものだという点です。治験で薬を投与されたことによって、何らかのリスクが発生することがありますが、このリスクに対して支払われるものではありません。謝礼金の金額が大きい治験バイトも存在していますが、金額が大きいからといって、リスクが大きいということではないのです。あくまでも、長期間の拘束・治験を行うことになることで、謝礼金の金額が大きくなっているのです。

2、さまざまな費用についても補助を受けることができます

治験バイトに応募した場合、自分の住んでいるところの近所で治験が行われるとは限りません。海外から治験に参加する場合は、交通費がかかってしまったり、宿泊費が発生したりします。交通費や宿泊費といった費用に関しては、補助を受けることができるため、安心して治験に参加することができます。ただし、支払い金額については上限の規定があります。また、条件が設定されていることもあるので、申し込みをした際に問い合わせをすることが望ましいです。交通費や宿泊費として支払われるものとしては、たとえば往復の航空券代金や、治験を実施する場所付近のホテル宿泊費用があります。

3、事前の健康診断を受ける必要があります

治験には、誰でも無制限に参加することができるわけではありません。健康状態が良好な人でなければ、治験に参加することはできないのです。そのため、治験バイトに応募した人は、健康診断を事前に受けることが求められます。この健康診断については、無料で受けることができるので、自分の健康状態をチェックする機会になります。健康診断を受ける場合は、実施日の数日前から、生活にさまざまな制限を受けることになるので、注意が必要です。たとえば、運動量の制限が課せられたり、食事や飲酒についても規制されたりします。制限の内容を守っていないと、正しい結果が出なくなってしまうため、制限は厳守です。

4、日本語のサポートがあるので安心です

イギリスで治験に参加する場合、やり取りが全て英語で行われるのではないかと不安になってしまう人もいます。しかし、イギリスの治験センターには、日本人のリクルートスタッフ、医療関係者、医師が参加しているため、英語を話すことができなくても心配ありません。日本語でのサポートを受けることができるので、海外からの参加でもリラックスして治験を受けることができます。

5、治験センターの設備は充実しています。

治験を受けていて、施設に滞在している期間は、暇になって退屈してしまうということはありません。テレビやパソコンを使用することが可能ですし、マンガやDVDなどの娯楽設備もきちんと整っています。Wi-Fiも完備されていて、自由に使用することができます。

 

01_on

>>イギリス治験センターの詳細はこちら
 

Copyright(c) 2012 治験アルバイト体験記 All Rights Reserved.